It's Only a Movie, But …

シネマ1987online

Home

Headline

映画パンフコレクション
映画プラス1
PC TV Plus (2018年11月25日 13:33:31)
ブルーレイレコーダーDIGA DMR-SCZ2060は22日に届いた。何しろ8年ぶりの買い換えなので機能が随分アップしているのを感じる。録画方法で「おまかせ」を設定すると、登録したジャンルやキーワードの番組をすべて録画予約する(最大12番組)。「映画」なんてキーワードを設定しようものなら、全チャンネルの映…
映画フォーラム
ゲッベルスと私 (2018年11月23日 13:39:16)
ゲッベルスとは、ナチス宣伝担当大臣のこと。ゲッベルスはナチスの興隆と衰亡の中心にいて、ヒトラーの自殺と時を同じくして妻と子どもたちと共に自殺した人物である。そのゲッベルス ...
Review

新感染 ファイナル・エクスプレス(2017年09月08日)

列車舞台のパニック映画といえば、「カサンドラ・クロス」(1976年)が思い浮かぶ。感染者が列車に乗り込む発端も同じだが、ゾンビと列車を組み合わせたアイデアが良く、ストーリー上の工夫も凝らされていて、スピード感のある佳作になった。

ワンダーウーマン(2017年09月03日)

ピュアな環境で育ったダイアナはピュアな思想を持っている。ダイアナが戦うのは世界平和を守るため。そんなことを大まじめに言ったら今では冷笑されてしまいそうだが、戦場で負傷した兵士や逃げ惑う人々を見て強い怒りを見せるダイアナの姿はその言葉に説得力を持たせる。この映画が一直線に力強いのはダイアナのそうしたぶれないキャラクターがあるからだ。

シネマ

トランスフォーマー 最後の騎士王(2017年08月24日)

シリーズ全作の監督を務めるマイケル・ベイが今回もメガホンを取り、マーク・ウォールバーグ、ローラ・ハドック、ジョシュ・デュアメルのほか、名優アンソニー・ホプキンスも出演している。作品は世界的なヒットを意識しただけあって、ほとんど戦闘シーンで、まったく飽きさせない。その点は見事だが、見終わっての疲労感は半端ではない。

Movie News

リアルサウンド
ブルース・ウィリス×フランク・グリロが凶悪犯に戦いを挑む 『デス・ショット』2月9日公開へ (2018年12月19日 19:00:00)
 映画『Reprisal(原題)』が、『デス・ショット』の邦題でシネマート新宿・心斎橋ほかにて2019年2月9日より公開されることが決定。あわせて場面写真と予告編が公開された。  本作では、長きに渡りアクションスターとして第一線で活躍し続けるブルース・ウィリスと、『スカイライン-奪還-』で注目を浴びたフランク・グリロ…
映画.com
衝撃の“まったり感” 渋川清彦主演「柴公園」ドラマ版のシュールなポスター&予告披露 (2018年12月19日 10:00:00)
NHK大河「西郷どん」などの渋川清彦が主演するドラマ版「柴公園」のポスタービジュアルと予告編(https://youtu.be/mfCY8mHjJqY)が披露された。おっさん3人がひたすらしゃべ...
シネマトゥデイ
『プーと大人になった僕』ユアンとプーさんのカメラテスト映像が一部公開 (2018年12月19日 10:00:00)
ディズニーの人気キャラクター、くまのプーさんの大親友クリストファー・ロビンの“その後”を描く実写映画『プーと大人になった僕』から、主演のユアン・マクレガーが、ぬいぐるみのプーさんと挑んだカメラテストの一部が公開された。 ...
映画ナタリー - 最新ニュース
キネマ旬報が選ぶ1980年代日本映画ベストテン、第1位は「家族ゲーム」 (2018年12月19日 10:00:00)
明日12月20日発売のキネマ旬報1月上旬特別号で「1980年代日本映画ベスト・テン」が発表される。松田優作が主演、森田芳光が監督を務めた「家族ゲーム」が第1位に選ばれた。
クランクイン!
ティモシー・シャラメ出演『ビューティフル・ボーイ』邦題決定[1] (2018年12月19日 08:00:00)
ティモシー・シャラメ出演映画『ビューティフル・ボーイ』2019年4月公開(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC. 俳優のティモシー・シャラメが出演する、来年4月公開の映画『Beautiful Boy(原題)』の邦題が、『ビューティフル・ボーイ』に決定した。実話に基づく本作は、長年のドラッグ依存を克服し、現在は海外ドラマ『…

Trailer Pickup

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』

about

「シネマ1987」は映画について語り合いたい、どこか発表の場がほしいという映画ファンが結集して1987年4月、宮崎市に発足しました。毎月の会報のほか、毎年、日本映画と外国映画のベストテンを選出し、ベストテン号の発行を行っています。…続きを読む

TOP