It's Only a Movie, But …

シネマ1987online

Home

Headline

映画パンフコレクション
映画プラス1
「友罪」 (2018年05月31日 11:15:29)
他人のスマホに保存されている動画をどうやって盗んだのか。終盤の大きな展開につながるこの部分があいまいなのがどうしても気になる。いや、映画の中では再生している場面を遠くから写真に撮ったと説明されるのだけれど、アホかと思う。接写で撮ってもうまく撮れるかどうか分からないのに、遠くから撮ってう…
映画フォーラム
ホース・ソルジャー (2018年05月08日 20:23:41)
原題は「12Strong」、「12人の勇者」とでもいうのだろうか、映画の内容から考えると「ホース・ソルジャー」という邦題にはかなり無理があるように思う。あの9.11の飛行機テロの衝 ...
Review

新感染 ファイナル・エクスプレス(2017年09月08日)

列車舞台のパニック映画といえば、「カサンドラ・クロス」(1976年)が思い浮かぶ。感染者が列車に乗り込む発端も同じだが、ゾンビと列車を組み合わせたアイデアが良く、ストーリー上の工夫も凝らされていて、スピード感のある佳作になった。

ワンダーウーマン(2017年09月03日)

ピュアな環境で育ったダイアナはピュアな思想を持っている。ダイアナが戦うのは世界平和を守るため。そんなことを大まじめに言ったら今では冷笑されてしまいそうだが、戦場で負傷した兵士や逃げ惑う人々を見て強い怒りを見せるダイアナの姿はその言葉に説得力を持たせる。この映画が一直線に力強いのはダイアナのそうしたぶれないキャラクターがあるからだ。

シネマ

トランスフォーマー 最後の騎士王(2017年08月24日)

シリーズ全作の監督を務めるマイケル・ベイが今回もメガホンを取り、マーク・ウォールバーグ、ローラ・ハドック、ジョシュ・デュアメルのほか、名優アンソニー・ホプキンスも出演している。作品は世界的なヒットを意識しただけあって、ほとんど戦闘シーンで、まったく飽きさせない。その点は見事だが、見終わっての疲労感は半端ではない。

Movie News

リアルサウンド
綾野剛、杉咲花、佐藤浩市が共演 吉田修一の短編集を瀬々敬久が映画化した『楽園』2019年公開 (2018年08月21日 14:00:00)
 綾野剛、杉咲花、佐藤浩市が共演し、『64 -ロクヨン-』『菊とギロチン』の瀬々敬久が監督を務める映画『楽園』が、2019年に公開されることが発表された。 参考:  本作は、『悪人』『怒り』に続き、原作者の吉田修一が「こんなにも物語をコントロールできず、彼らの感情に呑み込まれそうになったのは初めて」と語る短編集…
映画.com
綾野剛×杉咲花×佐藤浩市で“衝撃作”創出に挑む!吉田修一「犯罪小説集」が映画化 (2018年08月21日 05:00:00)
「悪人」「怒り」などで知られる吉田修一氏の小説「犯罪小説集」が、「楽園」のタイトルで映画化されることがわかった。キャストには綾野剛、杉咲花、佐藤浩市、監督には「64 ロクヨン」「友罪」の瀬々敬久...
クランクイン!
綾野剛×杉咲花×佐藤浩市、吉田修一原作の映画『楽園』に出演[1] (2018年08月21日 05:00:00)
(左から)佐藤浩市、綾野剛、杉咲花 Photo:KAZUTAKA NAKAMURA/Men’s JOKER 俳優の綾野剛が、吉田修一原作の映画『楽園』で主演を務めることが発表された。共演には、女優の杉咲花と俳優の佐藤浩市がキャスティングされ、『64‐ロクヨン‐』『友罪』の瀬々敬久が監督・脚本を手掛ける。
シネマトゥデイ
綾野剛・杉咲花・佐藤浩市で吉田修一の「犯罪小説集」映画化 (2018年08月21日 05:00:00)
作家・吉田修一の短編集「犯罪小説集」(2016年、KADOKAWA刊)が、綾野剛、杉咲花、佐藤浩市の共演で映画化されることが21日、明らかになった。映画のタイトルは『楽園』。 ...
映画ナタリー - 最新ニュース
Netflix「ネクスト ロボ」劇団ひとりが毒舌犬に声当てる、鈴木達央や藤原啓治も参加 (2018年08月21日 05:00:00)
Netflixオリジナルアニメ映画「ネクスト ロボ」の日本語吹替版キャストが明らかに。あわせて吹替版の予告編がYouTubeで公開された。

Trailer Pickup

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』

about

「シネマ1987」は映画について語り合いたい、どこか発表の場がほしいという映画ファンが結集して1987年4月、宮崎市に発足しました。毎月の会報のほか、毎年、日本映画と外国映画のベストテンを選出し、ベストテン号の発行を行っています。…続きを読む

TOP